【デキタス】塾が作ったタブレット対応の小中生向け楽しい通信教育

【デキタス】塾が作ったタブレット対応の小中生向け楽しい通信教育

「ポップでキュート」な「小中学生向け」の「楽しい」デジタル学習教材「デキタス」

 



http://dekitus.johnan.jp/

 

デキタスはどんな通信教育なの?

 

うちの息子は、小学6年生なのですが、
算数だけが苦手で・・・
全然勉強してくれないから困っていました。

 

小学生の低学年の時は、
算数に苦手意識はなくて、
どちらかというとよく勉強していました。

 

問題は小学4年生の時に転校してからです。

 

転校先の学校の方が算数の授業だけ早く進んでいて、
ついていけなくなったんですよね。

 

そこから算数に対して苦手意識を持つようになって、勉強しなくなりました。

 

有名な塾にも行かせたのですが、やっぱり勉強する気になれなかったみたいで、
塾に行くのも嫌がるようになったので、泣く泣くやめさせました。

 

そんな時に、近所のママ友から教えてもらったのが、デキタスでした。

 

デキタスとは

 

デキタスは、タブレットやパソコンを使って学習できる
「城南予備校」「城南医志塾」で有名な城南進研グループがやっている通信教育です。

 

http://dekitus.johnan.jp/

 

私の家では、デキタスに出会うまでは、
塾に通わせていて、週2回で月謝は10,000円くらいかかっていました。

 

その点デキタスは、毎日ログインすれば、
いつでも勉強できるのに、月謝は3,000円です。

 

うちの息子って、
昔からタブレットとかスマートフォンが大好きなんですよね。

 

だからなのか、
デキタスにもすごく興味を持ってくれて、すんなりスタートできました。

 

アニメのキャラクターと一緒に学習していく感じなので、ゲーム感覚で楽しく学習してまよ!
1つの授業が2分?5分で終わるので、スキマ時間にできるのもいいみたいです。

 

 

また一人で勉強するだけでなく、デキタスに登録している子供達と

 

デキタス内のテスト結果のランキングで競い合える

 

これも、いい張り合いになっているようで、毎日ログインして勉強してますね。

 

ログインするたびにポイントが貯まって、
プレゼントが当たるので、それもあってログインしているようです♪

 

デキタスはこんなお子さんにオススメしたい!

 

うちの息子は、デキタスで算数嫌いを克服できたので、
ママ友にもオススメしてるんです。

 

特に、こんなお子さんにデキタスを知っていただきたいです。

 

  • 勉強意欲がなくなってしまったお子さん
  • 通信添削や家庭教師で成績が上がらなかったお子さん
  • 勉強しているのに成績が上がらないお子さん
  • 塾費用の支払いが大変なご家庭のお子さん
  • 塾で帰りが遅く送り迎えが大変なご家庭のお子さん
  • 不登校で家に引きこもるようになったお子さん
  • タブレットやパソコンでよくゲームをするお子さん

 

私がママ友に特におススメしている点は3つ、

  1. 城南進研グループのしっかりした指導とサポート
  2. 自宅で楽しく学習できる
  3. 月謝が安い!

そして、ママ友には
「きっとあなたの子供も、タブレットで学習できるので、持ち出してお出かけ先でも手軽に学習できるので、勉強に対する変な構えがなくなって楽しくなるはずよ」って。

 

デキタスのメリットとデメリットを簡単にまとめてみました

 

デキタスは、メリットばかりのように思えますが、
実際に使ってみると、少しだけデメリットもありました。

 

でも、メリットの多さを考えると、
許せる範囲のデメリットだと思いました。

 

ここで、デキタスのメリットとデメリットをご紹介しますね。

 

メリット

 

どこでも学習できる!
塾に行かなくても、家庭教師に来てもらわなくても、
家でもどこでも学習したい時にできるのが便利です。

 

とにかく料金が安い!

 

 

デキタスは、
1ヶ月全科目で3000円〜4000円なので、とにかく料金が安いんですよね。

 

塾だと、
週1回で4000円〜8000円程度、
週2回で8000円〜20000円程度、
週3回ただと1万円〜3万円もかかります。

 


デキタスのおかげで、我が家の家計費はすごく楽になりましたよ!

ログインするごとにポイントが入る!
デキタスにログインするだけでポイントが貯まっていって、景品と交換できるという特典まであるので、
子供も夢中になってます。ログインするのを習慣づけると学習も習慣になりやすいです。

 

ステップアップできる学習カリキュラム
勉強意欲がないお子さんでも、
デキタスのステップアップできる学習カリキュラムなら、絶対に勉強が好きになるはずですよ。

 

まずは、
「授業」で2分〜5分の勉強をして
「確認テスト」で理解できているかをチェックします。

 

< 授 業 >

 

< 確認テスト >

 

その後、
「まとめ問題」で通っている学校の教科書の内容をマスターして
「チャレンジ問題」に移ります。
「チャレンジ問題」は、応用問題のようなものですね。

 

< まとめ問題 >

 

< チャレンジ問題 >

 

 

さらに
「復習」もできる機能があるので、確実にステップアップしていけるんですよね。

 

学校のテスト対策もバッチリ!

学校での定期テストの前には「テストモード」を使えば、
テスト範囲の勉強を集中的にできるようになっています。

 

だから、定期テスト対策もバッチリですよ!

 

< テスト対策>

 

 

 

成果がわかるから目標を立てられる!

ただ勉強しているだけでは、ちょっと物足りなくて、
目標も立てられずに勉強しなくなってしまうかもしれませんよね。

 

デキタスは、学習結果を
表やグラフ、カレンダーなどで残してくれるので、
一目で成果がわかり、今後の目標も立てやすいです。

 

<学習カレンダー>

 

 

<学習時間表>

 

 

<成績記録帳>

 

 

今の学力を知ること
目標をきちんと立てること
勉強意欲もだんだん上がっていくんですよね。

 

子供もどんどんデキタスに夢中になっていくはずですよ。

 

デメリット

 

親も一緒に操作を覚えなければいけない
デキタスを使うのは子供ですが、
時々親にも質問をしてくることがあります。

 

また、一緒に学習したいお子さんも多いと思います。

 

そんな時のために
親もデキタスの操作をある程度知っておかなければいけないのです。

 

タブレットやパソコン操作が苦手なパパやママは、ちょっと大変かもしれません。

 

どこでもいつでもできるから、怠けそうになることもある
どこでも、いつでも学習できるから便利なのですが、
いつでもできると思うと怠けてしまうこともあるんですよね。

 

そんな時は、
パパやママが様子を見ながらお子さんに声をかけていきましょうね!(^^)!